子供が英会話を学ぶ理由

英語が話せるとたくさんの人と気持ちを伝え合える

 

英語は世界の共通語です。母国語の他に英語を話す人はとてもたくさんいます。

 

英語が話せるとそのたくさんの人たちと友達になることができます。
お互いの気持ちを伝え合い、冗談を言って楽しんだり、一緒に仕事をしたり。

 

もし日本語しか話せないとしたら、日本人としか意思の疎通ができません。
もちろん日本語を話せる外国人もいますが、世界的に見たらすごくすごく少ないです。

 

色々な国の色々な人種の人間が英語でつながることができるのに、日本語しか話せないと世界から仲間はずれになってしまいますね。

 

インターネットを誰でも使う現在では、世界がとても身近です。彼らと会話をすることができれば、仕事、ボランティア、観光旅行、色々なことの幅が広がります。英語を話せないというだけで、そのチャンスが消えてしまうわけです。

 

世界が広がるということの意味

 

英語が話せると世界が広がるというのは本当です。

 

では、世界が広がるとはどういうことだと思いますか?

 

  • 世界中をまたにかけたビジネスマンになれる
  • 外国の人たちに混じって国際人として生きられる
  • 海外で仕事をしながら生活できる

 

色々イメージがあると思います。もちろん英語を話せれば可能性はどんどん広がりますよね。
夢や目標にしていた職業や自分の未来が叶うかもしれません。

 

 

でも、そういうことの前にもっともっと大事なことがあるんです。

 

 

一歩を踏み出す勇気をくれる

 

もし英語が話せたら、あなたのお子さんが興味をもったことにためらったり二の足を踏むことがぐっと少なくなります。それは、経験を積むというチャンスが他の人よりもたくさんあるということ。

 

ペラペラじゃなくていいんです。ただ、「自分は英語が話せるんだ」という少しの自信が、子供たちの「やってみたいなあ。行ってみたいなあ」という興味を夢や想像だけでなく、実現させるために背中を押してくれるはずです。

 

そして、その行動や経験がわたしたちの人生や考え方に大きな影響をあたえてくれるのです。