子供の早期英語教育について

早い時期から英語を学んだほうがいいとは言うけれど

 

色々なところで英語は早くから学んだほうがいいと言われていますね。
でも、それは英語に限ったことではないはず。日本国内に住んでいてネイティブなみの英語力が身につくなんて幻想だと思います。

 

小学校低学年

 

でも、小さいときから英語に楽しいイメージがあれば、本格的に学びだす小学校高学年や中学生になって、苦手意識が生まれることもないはず。いったい親はどういった心構えで英語を習わせるべきなのでしょうか。

 

 

小さいうちから英語に親しむ重要性

幼稚園は保育園の小さな子や、小学校低学年のお子さんも英語を習い始める子が多くなってきましたね。たくさんの親たち(わたしも含めて)が子供には英語に不自由させたくないと思っている結果だと思います。

 

たしかに世界中が交通じゃ情報伝達手段によってとても簡単にコミュニケーションがとれるこの時代、日本語だけでなく英語も話せるようにしてあげたいと思うのは自然なことだと思います。

 

もちろん小さいうちから英語に触れるのはとてもいいことだと思います。大きくなっていきなり「正しい文法で答えよ」なんて言われても英語を好きになることは難しいですから。小さいうちに楽しいイメージを英語に持つことができれば、その感覚は全然変わってくると思います。

 

 

小さい子供は「たのしい♪」が重要

 

子供のころ抱いたイメージは後々とても影響を及ぼしてきます。幼い頃英語に楽しく触れ、自分の話す言葉ではない人と英語で会話が通じた経験があったなら・・・。たぶん、そのお子さんの英語のイメージは、言葉が通じた感動と歌や音楽の楽しいことになるはずです。

 

小さいうちに少しくらい言い方がまちがっても問題ないと思います。通じたらそれだけで褒めてあげましょう。通じなくても頑張って英語を使ったことを褒めてあげましょう。きっと子供はどんどん英語が好きになるはずです。

 

 

無理強いにいいことなし

 

逆に言えば、お母さんお父さんの英語を話せるようにしたい!という気持ちが躍起になりすぎて、子供に無理強いするようなことになれば、子供は英語が大嫌いになるかもしれません。

 

がんばって英語を話すたびに、「そうじゃなくて○○でしょ?」「YESだけじゃ正解じゃないよね?」と指摘されたらどうでしょうか?おそらく英語に嫌なイメージが植えつけられてしまう子になるはずですよね。

 

 

英語はコミュニケーション

 

正しい英語は大きくなってからでも勉強することはできます。でも、英語が嫌いになってしまっては、中学生になってから、高校生になってからの学習意欲を持つことができません。

 

英語はコミュニケーションのための道具です。その道具を嫌いにならないように、子供が小さなうちは英語でコミュニケーションをとった、とろうとした、そのことだけでたくさん褒めてあげるのがいいと思います。