日本語がおかしくなる?

日本で子供を英語漬けにしても日本語はおかしくならない

 

先日、「小さな子供に英語を覚えさせたくて英語のCD、DVDなどで英語漬けにしている。子供は正しい日本語を離せなくなるか?」とい記事を読みました。

 

 

質問に答えていた専門家は、「そんなわけはない。耳から入る音に敏感な小さな時期にたくさんインプットするのはむしろ良いことだ」という事でした。

日常会話は日本語で

 

ただ、英語漬けにするのは問題ないというのは、日本語で生活している場合のこと。家庭での会話、学校や幼稚園での会話などが日本語で行われているのが大前提。

 

日本語もきちんと使えないうちから、海外への移住やインターナショナルスクールへの入学などが行われると日本語に不自由するそうです。

 

あたりまえと言えばあたりまえですよね。

 

移住はもちろん、インターナショナルスクールなどでは先生の指示、授業などの日常会話が全て英語で行われます。ということは、大人の正しい日本語を聞く機会がなくなるのです。

 

もちろん、テレビのニュース番組などを見ていれば正しい日本語を覚えるのかもしれません。
でも、小さいお子さんにニュース番組を見せるのは無理ですよね。

まずは日本語を使えるようにする

 

正しい日本語が使える前から、英語で会話する生活を送ると日本語を学ぶことができません。小さなうちは日本語だって勉強中なんです。英語を完璧にする前にまずは日本語。

 

もちろん小さなうちから英語に親しませてあげるのは良いこと。

 

 

でも、英語や日本語の言語は他人とコミュニケーションをとるための道具です。ただの道具なんです。たくさんの言い回しや単語、ただしい文法を知っているからこそ、道具が活かされます。

 

いくら良いフライパンでも調味料がほとんどない場合、おいしいお料理にはなりませんよね?

 

子供も同じ。たくさんの調味料(言い回しや単語力)を手にしてはじめて道具(言語)が活かされます。まずは、正しい日本語をじっくり覚える期間だと思って、あまり焦らずにわが子の幼児期を過ごしたいですね。