小学校 英語 基礎

中学校で英語嫌いになる子供たち

 

中学も2年生くらいになると、英語嫌いの子が増えてきます。一体なぜでしょう。

 

小学校で少しずつ触れてきた算数や国語などの教科が中学校になって難しくなってきたからと言って、小学校以上に学力が落ちることはありません。これは小学校時代に簡単なことから少しずつ触れてきた結果ではないでしょうか。

 

でも、英語はどうでしょう。

 

中学生になっていきなりスタートする英語教育。1年生の最初の頃は簡単だけど、たった2~3年で現在完了形や、受動態など一気にレベルが変わります。ここでほとんどの子の英語嫌いがはじまります。

 

中学1年生の半ば~後半が学力のピークだったなんて子も多いのではないでしょうか。

 

小学校時代に英語の種をまいてあげる

 

おそらく中学までに英語を好きにしてあげることができれば、中学・高校と進んでいっても子供たちが英語嫌いになることは少ないのではないかと思います。

 

小さいときに英語が通じた成功体験、間違っていても英語で話すと褒めてもらえた感動体験。
そういったいいイメージは早々には打ち消されないと思うのです。そして、少しずつ触れておくことで英会話や英語に対する苦手意識も芽生えにくいはずです。

 

逆に言えば、小学校や幼児時代に嫌いなイメージを植えつけてしまうと、中学に入って誰よりも先に英語が嫌いになり脱落してしまうかもしれませんよね。

 

 

だからこそ、小学校時代の子供と英語の触れ合い方には気をつけであげましょう。

親の英語教育に対する間違い

 

わたしたち親がイメージする英語教育は間違っていることも多いそうです。
間違ったイメージで子供に英語を学ばせても、子供は英語が嫌いになるだけかもしれません。気をつけたいですね。

 

 

3つの英語教育の迷信

 

小さいときから英語を学ぶとネイティブのようにしゃべれるようになる

 

どんなに小さなときから英会話を学ばせてもネイティブのような発音にはならないそうです。

 

だから、英語を聞かなければいけない。テレビもCDも英語にしましょう。「これは英語でなんていうの?」と子供に無理強いするのは意味がありません。

 

良かれと思ってやっていることが、実は子供を英語嫌いにする行動かもしれません。

 

 

正しい文法を使わなければいけない

 

高校受験や大学受験などは正しい文法でなければいけないかもしれません。でも、小学生や幼稚園の子供が正しい文法の日本語を必ず使っていますか?多少間違っていても通じるはずです。

 

英語だって同じです。多少間違いがあっても単語や表情、身振り手振りで通じます。自分の英語が通じて、相手が反応してくれる感動。こういった体験が子どもを英語好きにするのです。

 

まずは英会話は楽しいものだと子どもが思えるようにしてあげるのがいいと思います。

 

 

早く始めないと絶対にいけない

 

英会話は早くから勉強したほうがいいと言われています。でも、お子さんが嫌がるなら話は別。やりたくないのにやらされる。これでは英語を嫌いになってしまいます。

 

英会話は大人になってから習得している人もたくさんいます。自分でやる気になれば使えるようになる言語です。

 

興味がでないときに無理やり勉強させて、子どもが英語嫌いにならないように注意したいですね。