リップルとキッズスターおすすめはどっち?

リップルキッズパークとキッズスターイングリッシュなにが違うの?

リップルキッズパーク(以下リップル)とキッズスターイングリッシュ(以下キッズスター)の大きな違いは、チケットの消化システムです。

 

リップルはその週に消化が必要

リップルは、週2回コース、週1回コースと週で行うレッスンの回数を基本とした月謝システムです。そのため、週のレッスンはその週のうちに消化しなくてはいけません。

 

例えば、週2回コースならば、月曜~日曜の間に消化しなくてはいけません。翌週に持ち越しはできませんが、同じ日に複数回レッスンすることは可能です。

 

厳しい縛りのように見えますが、英会話教室に通うのと同じシステムです。

 

子どもも「今日は英語の日だ!」とリズムができやすいです。

 

 

キッズスターは1ヵ月以内で消化が必要

 

キッズスターは、1ヵ月単位での考えになります。

 

レッスンも月謝制で、月6回コース、月12回コースという数え方です。

 

入会した日から1ヶ月間でその回数をこなす必要があります。

 

 

予定が読めないならキッズスター、計画通りにできるならリップル

 

リップルの週内で消化というのは、ノルマを決めないとダラダラと過ごしてしまうからと言う考えだそうです。

 

たしかに、今週中にやらなくちゃ!と思っているときちんとレッスンをこなします。
また、毎週少しずつ学習したほうが英語の上達も早いです。

 

ただ、そうは言っても週末は旅行に行きたい、親の仕事がちゃんと終わるかわからないからレッスンをキャンセルすることが多そう・・・と予定が見えない方にはキッズスターのシステムの方がおすすめです。

 

キッズスターはリップルに比べて予約もとりやすいので、急に空き時間ができたときなどもレッスンしやすいです。

 

時間がきちんと読めている方にはリップル、忙しくて時間が読めにくい方にはキッズスターのシステムがおすすめです。